僕を変えてくれた読書と日常ログ。

おすすめ本と生活の記録

楽譜でわかる浮遊するコード進行の秘密「坂本龍一の音楽」

スポンサーリンク

音楽アナリスト・山下邦彦による百科事典のような大著。

坂本龍一の楽曲に潜むあの浮遊感はどのようにもたらされているのか。それを解き明かすための試みとして書かれたのが本書だ。坂本龍一のほぼすべての楽曲をつぶさに分析してその秘密に迫っている。

浮遊する音の向こう側へ

著者の執念を感じてしまうほど密度の高いテキストは楽曲に対する解釈が独特なものがあって受け入れるのが難しい部分があるのだけど、掲載されているコード進行図と過去のインタビュー記事には大きな資料的価値がある。

ハ長調をベースとしたコード進行図
すべての楽曲はハ長調に移して分析されている。そのため調性から逸脱している音がどのように使われているのか一目瞭然となる。気になる楽曲のコードの連結の仕方を自分の楽曲へ取り入れれば表現の幅を広げることができるだろう。坂本龍一の楽曲を分析する上でこれ以上に貴重な本はないとも言える。

豊富なインタビュー記事
過去に音楽雑誌などで掲載された坂本龍一のインタビュー記事が多く掲載されている。使用機材やアルバムコンセプトなど興味深い。

これらに魅力を感じたならおすすめできる1冊。

広告を非表示にする
スポンサーリンク