僕を変えてくれた読書と日常ログ。

おすすめ本と生活の記録

英語学習のファーストステップ。英単語を短期集中で覚える「DUO 3.0」

スポンサーリンク

 英語学習を趣味程度につづけている。期間にして半年くらいになるだろうか。
 英語学習は過去にも何度かトライしたことがあったのだけど、いずれも長くはつづかず挫折してしまった。それが今回は継続して学習できているし、その成果も感じている。
 その要因の1つには学習の最初のステップとして単語の暗記から始めたことが大きい。
 単語の暗記は単調な学習だ。しかし、それゆえハードルが低く、学習効果をすぐに実感できるようになる。
 例えば、以前はまったくわからなかった英文に知っている単語が使われているのを発見できるようになる。これは単純に嬉しい体験だ。

 学習効果を実感する楽しみを持続させること。

 これが英語を学習するうえで大切なことだと感じている。
 そのためのファーストステップとして単語の暗記はぴったりと合っていた。
 そして、数ある単語教材のなかでも特に優れていたのが「DUO 3.0」と「DUO 3.0 / CD復習用」だった。

DUO 3.0

DUO 3.0

 
DUO 3.0 / CD復習用

DUO 3.0 / CD復習用

 

  DUO 3.0には全部で45のセクションがあり、現代英語の重要単語1600語と、熟語1000語を560本の基本例文に凝縮されている。560例文で標準レベルの単語集1冊分の単語と熟語集1冊分の熟語がマスターできる。
 復習用のCDはDUO 3.0の例文をネイティブスピードで読み上げているもので、60分程度で聴き終えることができる。
 英単語/熟語1冊分を60分で復習できる手軽さ。これが一番大切なところだ。
 単語の暗記は復習の回数が鍵を握る。何度もくりかえして記憶に定着させるのが短期間で暗記するコツだ。そのためには復習が手軽にできなければならないし、分厚い教材もCDで聴けばたったの60分で終わる量だと思えば気が楽になる。

 

「DUO 3.0」実際の学習手順

 実際の学習は次のような手順で進めた。

  1日に進めるセクションは1セクション、多くても2セクション。
 1. 例題の日本語訳を先にざっと読んでしまう。
 2. 例題の英文と訳を対応させながら単語/熟語をチェックしていく。
 3. 復習用CDを聴いて日本語訳が浮かばなかった例文を再チェックする。
 次の日、新しいセクションに進む前にそれまでの全セクションを3.の手順で復習してから取りかかる。
 つまり、セクションが進めば進むほど復習に時間がかかるようになるのだけど、何度もくりかえし例文をチェックすることになるので効率よく記憶することができる。


 この方法で2ヶ月ほどでDUO 3.0の例文の単語と熟語をほぼ覚えることができた。後は週に1回程度、復習用CDを聴いて記憶に定着させておく。

 短期決戦で集中的に単語と熟語を覚えられる「DUO 3.0」と「DUO 3.0 / CD復習用」。
 その学習効果を感じることで英語学習が楽しいと思えるようになった。
 それはその後の英語学習にもいい影響を与えてくれたと思う。正直、僕の英語の語学力なんてまだまだだけど、これからも楽しみながらつづけていきたい。

広告を非表示にする
スポンサーリンク